ベンツ画像ヘッダー

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃BBS一覧 ┃HOME  
270 / 1759 ツリー ←次へ | 前へ→

エバポレーター交換に挑戦! エディ 10/5/13(木) 18:43

Re:エバポレーター交換に挑戦! エディ 10/6/14(月) 19:13

Re:エバポレーター交換に挑戦!
 エディ  - 10/6/14(月) 19:13 -

引用なし
パスワード
   なかなか書き込む時間が無く、ほったらかしですみませんでした。

この度の作業の結末、ちょっとしたレビューを報告したいと思います。

結果から言うと漏れの箇所はコンデンサーでした。
前回書いた通り、当初からエバポを疑って掛かっていたせいで
初期診断をおろそかにした為に見逃した訳です・・・(涙
ちょうどファンモーターの部分に隠れていた為、外からいくら
ライトを当てても蛍光剤の反応が確認できなかったのです。
コンデンサーを外すか、少しラジエターと分離して浮かせるか
すれば確認できたのですが。。。

コンデンサー交換は作業自体は一時間程度、至極簡単でした。
エバポ交換の為に費やした時間と労力を考えると、我ながら
アホやなぁ〜と思います(笑。

結果、現在は正常にエアコン作動しておりますが、せっかくなので
以下エバポ交換レビューといきます。
----------------------------------------------------------------

作業手順は前後あるかと思いますが、まずは参考まで。

1.ダッシュボード取り外し
 コレは想像より簡単でした。ボンネットオープナーや
 ステアリングテレスコ等のレバー、ワイヤーの取り外し
 がやや厄介。運転席下のカバーが外れれば、メーター等
 は裏から押せます(笑 もちろんステアリングは外します。
 各スイッチ、オーディオ等の配線を確認しながらガバッと
 外れました。ハーネス類の行き場のない垂れ下がり具合に
 唖然とします。色々と支えているのであろう中心を走る
 ゴツいフレームは取りあえず付けときましょう。
 元に戻せるのかよ・・・と若干の不安を抱えつつ、進みます。

2.エンジンルーム側バラシ
 まずはワイパーカウルから。ビスなどはほとんど無く、
 はめ込み的なパネルです。劣化したプラスチックのピン等は
 ほぼ破損です。へこたれず進みます。ワイパーアームが
 モーターごとごっそり取れてきた辺りから、先がなんとなく
 見えてきますが、罠です。
 その下の、要は雨や何かを逃がすトレイ的な樹脂カウルが有ります。
 コレが一筋縄では外れない。そこで・・・
 ご存知OVPリレーやヒューズ類、反対がヒーターバルブ等の部分、
 こことエンジンを仕切っているファイヤーウォールって言うんですか?
 壁が有りますよね。これの中ほどの部分、外れるんですねコレ!
 メルセデスベンツ社のイジメとしか言いようの無い位置のビスを
 確か4本ほど外し、とりあえずずらす程度で例のカウルを無理繰り
 取っ払います。すると見えてきました。こんな所にエキパンです。
 元々ガスは全抜けでしたから、躊躇せずに配管を外します。
 ヒーターホースなども処理し、室内との隔離を図ります。
 どの部分もキチンとテープ等で塞いでおきます。

3.室内に戻り、ユニットの取り外し
 ここから更なる罠が待ち受けています。前述のフレームがドンと
 走っています。パッと見ボルトナットで普通に付いているだけですが、
 以外に外れなかった・・・。
 ステアリングシャフトやらサイドブレーキのペダルやら、色んな物が
 くっついています。しかも半ば知恵の輪みたいな付き方に見えます。
 この時点では興奮していますから、とにかく外すこと意外考えていません。
 フッと我に返ると、外れていました。色んなハーネスやワイヤーやらが
 前だったり後だったり、上を通る配線があれば下を潜らす配線・・・。
 ダランと垂れたハーネス類、ステアリングシャフト、フロアに散らばる
 無数のビスと工具・・・。
 本当に元に戻せるのだろうかという恐怖に似た不安を、この段階で
 もう一度味わうのでした。
 しかし、ここで止めるわけにもいきません。すでにユニットはグラグラ
 行っていますから、ちょっと引っ張ったりしてみます。するともはや
 何の支えも無い状態、ズボット手前に来るではないですか。
 バキュームホースの数にブルっていた私目は、室内にて作業することに。
 各部無理が掛かっていない事を確認しつつ、ケースの蓋を止めている
 ピンを慎重に外して行きます。隠れたビス等にいちいち小言を言いながら
 蓋を開けます。まずはヒーターコア。邪魔なので取っ払います。
 この先そうそう面会出来ないであろうエヴァポレーターが姿を表しました。
 実はこの時点で多少「ずいぶん綺麗ですね」という感じはしたものの、
 裏とか配管の付け根とかに蛍光剤がベッタリ・・・っていう一抹の期待も
 有ったのですが、見事、このままヤフオクに出せる位綺麗なお姿・・・。
 全身の力がスゥッと抜けていくのを感じました。
 せっかく買ったからと、どっちもどっちな中古のエバポを付けて終了です。

4.復旧作業
 ユニット下側のエアコン水抜きホースなどを若干カスタムしながら
 暗い面持ちで組み上げていきます。こういった作業の定説で、バラシ
 よりも組む方が大変、時間が掛かるというのが有りますが、以外に
 サクサク進行しました。外すのが大変だった部分もあっけなく付いたり
 して、メンタル的にも優しかったです。ただし、ビスが余る等の後味の
 悪い作業は嫌いなので、慎重に進めます。
 全て組み上げ、普通なら喜ばしい場面ですが、エアコンのガス漏れの
 修理と言う目的は全く達成されていない為、なんだかなぁです。

5.その後の感想
 結果的に無駄な作業に終わった訳ですが、良い事も有りました。
 ベンツとは言え生産からすでに15年も経過しています。
 各部に緩みや劣化が多数見られました。劣化部品は交換、各部
 締め直しされた事で、気分的にスッキリした感じは凄く有ります。
 また、心密かに狙っているW124への乗り換えへの自信というか、
 背中を押された感じというか(笑
 ただ、ますます愛着が沸いてしまい乗り換えはまだ先になりそうです。

よい勉強をしたなと、無理やり思うことにしました。
皆さんがもし、この後エバポ交換をする羽目になった時はきっと何か
お力になれるかと・・・。今回は大分端折りましたが、細かいアドバイス
も出来るかと思います。
最後に、今回のエアコン騒動で掛かった総費用ですが、ヤフオクの中古品
を駆使して、全部で1万円程度(笑
コンデンサーなんて¥1980でした。
この先10年乗ろうという人は別として、中古部品でも十分です!
 
 

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃BBS一覧 ┃HOME  
270 / 1759 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
1108533
(SS)C-BOARD v3.8 is Free