ベンツ画像ヘッダー

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃BBS一覧 ┃HOME  
42 / 61 ツリー ←次へ | 前へ→

気になるCクラス比較 ザウバー 06/1/28(土) 22:35

Re:気になるCクラス比較 T.M 06/1/29(日) 0:32
Re:気になるCクラス比較 MBタロ〜 06/1/29(日) 20:36
Re:気になるCクラス比較 T.M 06/1/29(日) 21:31
Re:気になるCクラス比較 sr_188 06/1/29(日) 22:24
Re:気になるCクラス比較 T.M 06/1/29(日) 23:42

Re:気になるCクラス比較
 T.M E-MAIL  - 06/1/29(日) 0:32 -

引用なし
パスワード
   ▼ザウバーさん:
>個人的に気になっているCクラスの性能比較をしてみました。
>(登録初期のスペックで比較)
>
>http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kkazu/img/c-class.gif
>
>やっぱり速さではC32なんですねー。
>燃費が劣るのは仕方ないところですが。
>しかしC32はコストパフォーマンスが高い! お値段も。
>実は近所で見つけたんですが、手も足も出ません。笑
>
>C280アバはわりと馬力もあるし、燃費もまずまずでいい選択かも。
>C230アバも元気良さそうですが、そうでもなさげなコメントを見つけました。
>http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017185.html
>
>これらの試乗比較が出来たら、いいんですけどねー。

ご無沙汰しております。
以前、駐車場内で人様のW203動かす必要があって軽く乗りましたが、同じ名前の車でこうも異なるか!?とショックを受けた記憶があります。
マイチェン前モデルでしたし、改良があったかとは思いますが、まずボールナットからラックアンドピニオンにステアリングが変更されたために違和感を感じたのと、シフトがブーツに被っていまいちどういう動きをするのかわからずシフト操作に手間取ったり・・・あとはペダル類が国産のようにタッチが軽くベンツと思って乗ると非常に違和感ありました。
我々の持つ固定概念を消去して乗れば非常によい車でした。

ちなみにW210ではステアリングのみ、W463やR129に至っては違和感なしでこちらの方がW202に乗りなれていたら楽な感じがしたくらいでしたが・・・

本題に戻りますが、現行のC230、C280はW202時代と異なって排気量がそのまま表記されてなく、2.5Lと3Lですから純粋にDOHCで4バルブと考えてもスペックは上になるのは当然です。もっとも改良されてるという点もありますが・・・
その点C32はコンプレッサーでC55に近い数値ですが、いずれもSOHCなのでエンジンの回転フィーリングそのものまで気にする方には不満のようです。
また、たま〜に現れるC36乗りのYMさんから言えば、同じDOHCでもW202の方がエンジンとしては上で現行にはあまり関心持てないようなお話をされてました。

でも単純にDOHCでもNAの4気等モデルのオーナーからすれば現行C230に言えるかったるさは数値上感じないと思います。あと、ペダルタッチについてもW202オーナーにかかえってなじみ易いものになっているのではないでしょうか?

ちなみに知人のC220オーナーに言わせると私のC200の方がエンジン的に速い気がするなんて不思議なご意見もありましたから個人差はかなりあると思います。

中古市場でのAMGの価格はノーマルよりやはり高水準ですね。
いろいろ触っているうちに中古のAMG買った方が安上がりじゃない?って感じる時もあります(爆)
そもそもはじめからAMGならノーマルだから手を加えるというような点も手を加えることなくそのままにするでしょうし、バランスも優れていますし・・・

なかなか乗り比べできる環境はなさそうですが、機会あれば体験してみたいものですね。

Re:気になるCクラス比較
 MBタロ〜  - 06/1/29(日) 20:36 -

引用なし
パスワード
   ▼T.Mさん:
>まずボールナットからラックアンドピニオンにステアリングが変更されたために
>違和感を感じたのと ・・・・・

はじめまして、横レス失礼致します。
「ボールナット」と称するステアリング・システムは存在しません。
屡々この間違った表現が使われていますが、良く考えてみて下さい「ボール」と「ナット」でステアリング・システムが出来ますか?(ナット!で・・・)
正しい呼称は「ボール循環式」ステアリング・システムで、英語では「Recirculation Ball Steering System」となります。
この手の間違いが気になる性分ですので、あえて注意させて頂きました。

Re:気になるCクラス比較
 T.M E-MAIL  - 06/1/29(日) 21:31 -

引用なし
パスワード
   ▼MBタロ〜さん:

>「ボールナット」と称するステアリング・システムは存在しません。
>屡々この間違った表現が使われていますが、良く考えてみて下さい「ボール」と「ナット」でステアリング・システムが出来ますか?(ナット!で・・・)

訂正レスありがとうございます。
本来「ボール・ナット」と記入すべきところ「・」が抜けていたため一部の方には疑問を抱かれたかもしれません。
この点は称呼上「・」はないのでそのまま記入したまでです。
尚、この表記は多くの雑誌等でも目にすることが多いのでオーナーさんならわかっていただけたはずなのですが・・・

>正しい呼称は「ボール循環式」ステアリング・システムで、英語では「Recirculation Ball Steering System」となります。
>この手の間違いが気になる性分ですので、あえて注意させて頂きました。

ちなみに私も気になったので調べなおしました。
正確には「リサキュレーティング・ボール」で仰る英語のままでした。
訂正してお詫びいたします。

Re:気になるCクラス比較
 sr_188  - 06/1/29(日) 22:24 -

引用なし
パスワード
   ▼MBタロ〜さん:
>▼T.Mさん:
>>まずボールナットからラックアンドピニオンにステアリングが変更されたために
>>違和感を感じたのと ・・・・・
>
>はじめまして、横レス失礼致します。
>「ボールナット」と称するステアリング・システムは存在しません。
>屡々この間違った表現が使われていますが、良く考えてみて下さい「ボール」と「ナット」でステアリング・システムが出来ますか?(ナット!で・・・)
>正しい呼称は「ボール循環式」ステアリング・システムで、英語では「Recirculation Ball Steering System」となります。
>この手の間違いが気になる性分ですので、あえて注意させて頂きました。
すいません。私も横レスですが、確かに正確に表現は必要な時もありますがあえてボールナットを否定されると今後書き込みの際に制限を受けたような気がしてなりません。
私個人としてはボールナットで皆さんが理解できれば問題は無いと考えます。
ボールナットを理解できない方はボール循環式で理解されるとは思いません。
またこの書き込みにおいてボールナットがどういうものかを回答しているものでは有りませんので正確な名称も必要ないのではと思います。

Re:気になるCクラス比較
 T.M E-MAIL  - 06/1/29(日) 23:42 -

引用なし
パスワード
   ▼sr_188さん:

>すいません。私も横レスですが、確かに正確に表現は必要な時もありますがあえてボールナットを否定されると今後書き込みの際に制限を受けたような気がしてなりません。
>私個人としてはボールナットで皆さんが理解できれば問題は無いと考えます。
>ボールナットを理解できない方はボール循環式で理解されるとは思いません。
>またこの書き込みにおいてボールナットがどういうものかを回答しているものでは有りませんので正確な名称も必要ないのではと思います。

いつも書き込み参考にさせていただいております。
sr_188さんの力強い後押しがあったので見解を述べますと、おっしゃる通りはたしてどれ程の方がボール循環式であるリサキュレーティング・ボール式と言われてかつてのメルセデスで主体だった(W463だと現役ですが・・・)ものとイメージできるかというと疑問が残ります。
だからこそ雑誌等でボール・ナットという表記がよく使われているのかな?と思っております。

正式名称を知るという意味で訂正しておきましたが、ボール循環式をボール・ナットと呼んで理解されているがいらっしゃる以上このまま用いるのも悪くはないかと言う意見には私も賛成です。

ちなみに話が逸れますが、メルセデスに限らず電子ディバイスが多用化され同じような装置にいろいろな名称が付けられ商標登録されているようですが、極端な話、同じ物でも自他識別性といいメルセデスのものである等特定の会社の物ということを需要者間等で周知のものであると認められるならボール循環式にボール・ナットを商標登録して名称にすることも可能のはずです。
ただし、ソニーのウォークマンがよい例かもしれませんが、これがもし商標登録する前に他社のポータブルプレイヤー類もウォークマンと世間で呼ばれておれば、その物を表す一般名称として登録されないなんてこともケースとして考えられます。
この点ソニーは賢く先に処理できていたので今尚ウォークマンはソニーの登録商標であり、いくら需要者がその名で他社製品を呼んでも、他社が商品に付すことはできないのです。
長くなりましたが、物の名称とは正式名称があるからそれ以外はないとも一概には言えず、後から造語を創ることも可能であるということです。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃BBS一覧 ┃HOME  
42 / 61 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
74369
(SS)C-BOARD v3.8 is Free